仏壇のリフォームのメリットとは

お仏壇は、30年に一度は修復しないと、汚れやキズが目立つようになるといわれています。ご先祖様をお祀りする大切なものですので、できるだけ綺麗な状態を維持するよう心掛けたいものです。そのために大事なのは定期的なメンテナンスです。お掃除を丹念にし、キズやくすみ、こわれなどがないか、日ごろからしっかりとチェックしておきましょう。とはいえ、汚れやキズが目立つようになったら、普段のお掃除だけではなく、専門的な知識を持つ業者によるリフォームを検討すべきでしょう。リフォームでは、単なる表面だけの汚れを落とすだけではなく、部品後の洗浄・修理・塗装を施しますので、その仕上がりは新品と比べても代り映えがありません。綺麗な仏壇に手を合わせることで、ご先祖様に感謝の気持ちを捧げるとともに、自分の心を洗濯することにもなります。

代々受け継いできた大きなお仏壇をコンパクトな形で残せます

ご先祖様から代々受け継いできた大切なものですから、できるだけ子々孫々まで受け継いでいってもらいたいものです。しかし、時代が変化し、賃貸住宅で暮らすことが多くなってきた現代では大きなものはなかなか維持していくのも大変です。そんなときは、コンパクトなものに作り替えるという例も増えてきています。昔作られたものであればあるほど、今では入手困難な良質な材料が使われていることも多々あります。そんな材料をできる限り多く再利用して、好みにあわせた寸法やデザインで作り替えることができます。実家を処分する際、引っ越しをしなければならないとき、大きな仏壇の場合には一緒に処分することを検討しなければならないときもあるかもしれません。そんなときは、処分してしまうのではなく、リフォームするという手段も一つです。

部品を活かし新品以上の仕上がりにできます

部品をそのまま再利用することで、部品に宿った風味を活かしながら、金箔の張り直しや棚板の補強を行ったり、彫刻の掘り直しを行うリフォームの形もあります。このような修復、修繕を行うことで、新品ではなかなか出せない時代の重みを持った新たな魅力のものを作り出すことができるのも、魅力の一つです。しかし、このような修復、修繕には専門的な知識が必要となります。分解はもちろんのこと、洗浄、傷の修理、研磨、塗装、組み立て、部品交換と、古いものを扱う繊細さと技術が必要となります。ですので、その業者の選定にも注意を傾ける必要があります。よく情報を集め、どのような作業をどのような手順で行ってくれるかを検討し、しっかりとした修理、修繕を行ってくれる業者を見つけるようにしてください。