仏壇のリフォームの費用について

仏壇をリフォームする方が増えています。その理由は、家のリフォームに合わせて、長年実家で守ってきたものを受け継いだので、汚れが気になったから、など様々です。主な方法としては、分解して徹底的に行う方法と、分解せずにクリーニングだけを行う方法があります。キズや破損部分も修繕により美しく蘇らせることが可能です。部屋を現代的に改装したことで古い仏壇をモダンなものに変えようと考える方も増えています。このような場合は、僧侶に「魂抜き」をしてもらうことで、粗大ごみとして処分出来るようになります。近年の仏壇は、それとは分からない家具調のものや、普段は扉を閉めて置けるもの、壁掛けタイプなどバリエーションも豊富になってきており、ご自分の生活スタイルに合わせて選べる時代になってきています。

クリーニングにかかる費用について

費用は、種類や大きさ、構造の複雑さなどによって違ってきます。全ての部品を解体し、洗浄からキズの修理や研磨、塗装をして組み立てる場合、期間は1~2か月ほどかかります。この場合、費用は20万円~60万円前後となるでしょう。高価なものであれば200万円ほどもかかる事もあります。解体せずに汚れを落とすだけの方式では2~3週間ほどの期間がかかり、費用は10万円~30万円前後と考えれば良いでしょう。キズや破損などの状態によってもかなり違ってきますので、事前に複数の業者に見積もりを出してもらう事をお勧めします。先祖代々にわたり大事にしてきた仏様をクリーニングして受け継いでいきたいと考える方もいれば、今風の供養の仕方を取り入れたいと考える方もいて、両者の間で2極化が進んでいる傾向が見られます。

家のリフォームをするときに考えること

仏壇のリフォームを考えるのは、多くは家の改築や相続などが契機となるでしょう。先祖代々受け継いできた大切なものを自分の代でどう扱うか悩む方もいらっしゃいます。生活スタイルや宗教感の変化に伴い、どのような方法を選ぶかは人それぞれです。家の雰囲気に合わせて古いものを処分したいと考える方は少なくありません。改築に際しては、仏間を作るのか、別の方式で供養を行うのかをよく考えてから決めたいものです。もしも今風の供養を選ぶなら、僧侶に「魂抜きの儀式」を依頼し、新しいものに「魂入れ」をしてもらいましょう。今は様々な供養の方法が出てきています。仏具の値段も非常に安いものやおしゃれなものなどバリエーション豊富な時代になっています。ご高齢の方などでは思い入れが強いご家族もいらっしゃるでしょうから、トラブルを避けるためにもよく相談して供養の方法を選ぶ必要がありそうです。

唐木仏像の修復は、職人の手により、カケや傷も補修して、色やツヤなども統一します。 盆飾りに使用する盆棚、敷布、小物等も豪華なものからシンプルなものまでご提案させていただきます。 関東型のお仏壇は、棚板を補強し全体の色ツヤも統一します。 お仏壇のリフォームは、職人がすべて手作業で行います。 お仏壇のやまきでは、職人が懇切丁寧に修理して新品の輝きを取り戻します。 仏壇のリフォームは「お仏壇のやまき」にお任せ